国家の命運

国家の命運 (新潮新書)。アジア大洋州局長として北朝鮮との交渉にあたったり、外務事務次官を務めた藪中 三十二氏の書籍。

「国家の命運」というタイトルは中身からするといささか誇張しすぎな勘も否めないが、タイトル勝負でもある新書だし、そこはしょうが無いだろう。

中身は外務省で各国との交渉での経験を、交渉術という切り口でまとめられたもの。私自身は外務省に対する印象はマスコミの報道もありあまり好感を持っていなかった。

以前から官公庁は優秀な人間が集まっているのになぜ、あーなるのだろうと漠然と思っていたが、政治とマスメディアがいかに日本のコントロールを行っているのか、という点を感じさせてくれる本。特にメディアの報道一つ、族議員の力次第で日本であれアメリカであれ、交渉が左右されるエピソードは、なるほどなと思わされた。

また、どこかの本でも読んだ気がするが、交渉事は51VS49でまとめるべきという点、相手のペースに飲まれないためにもオフェンスが重要という点は、特に勉強になる。

政治・報道の見方も変わるであろう一冊。

3 thoughts on “国家の命運

  1. […] その後、週刊誌でも名前は見ていたのでちょっと気になった。書籍を手に取った時は仙石官房長官から恫喝を受けた一部始終が気になった。ので、買ったのだと思う。官僚本は、以前「国家の命運」を読んだが、外務省で無く経済産業省とい事もあってレジに運んだと思う。 […]

  2. […] 当事者でない以上、真実は分らないが官僚の責任、国家の命運を読んだ人間としては、およそ事実だろうと感じる。ねつ造をした側の反論は読んでいないが、本に記載されている行動からすると弁解の余地は無い。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)